SUB MENU

高周波ハイパーサーミア(温熱治療)

がん治療がんは手ごわい相手ですが、無敵ではなく弱点もあります

がんは身体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの組織に出来る病気です。
しかし、がん組織は正常組織に比べ熱に弱く41.5℃から44℃の温度で死滅することが世界の科学者によって証明されています。
温水などの普通の加温では、所定の温度(41.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。
また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても、正常組織は血管が拡張して血流が増え放熱しやすいが、がん組織はほとんど血管の拡張が無く、血流が少ない為蓄熱しやすく正常組織に比べて高い温度を保ちます。
この特性に着目し、研究を重ねて末、生まれた治療法が高周波ハイーパーサーミア(温熱治療)です。

治療の種類

現在のがん治療には、外科治療、化学治療、放射線治療、免疫治療、そして最近開発された高周波ハイパーサーミア治療があります。
高周波ハイパーサーミア治療は従来の治療との併用も行うことが可能です。

副作用の少ないがん治療

高周波ハイーパーサーミア(温熱治療)は正常組織にダメージをあたることがなくがんの病巣のある領域を治療することができますので、従来見られるような副作用は後遺症などがなく、理想的な治療として注目されています。(保険適用)

がん治療どんなガンに効くのか

  • がん組織や種類を問わず、脳、眼球を除くすべての部位に適用されます。
  • 初期、末期、またがん組織や種類を問いません。
  • 加温による免疫を活性させます。
  • がん組織への薬剤の取り込みを良くします。
  • 化学療法放射は線治療の効果を増強させます。

温熱療法はスポーツや美容にも効果があります

スポーツ:加温により乳酸の産生が少なく疲労しにくい。運動からの回復が早く週末に疲労が残らない。
美容:加温した部位の脂肪燃焼効果(代謝の活性化)があり、老廃物が汗と一緒に出る。

がん治療治療の流れ

1.準備

上半身の加温の場合は加温前の食事は控えましょう。
加温する部分の着衣を脱ぎます。また、身に着けている金属物は外しましょう。
汗を多くかきますのでタオル等準備しておきましょう。

2.治療中

治療時間は約40分です。
電極が身体の前後に当たります。
部分的に皮膚面が熱くなる時があれば声をかけましょう(常時ナースが一人居ます)
通常は仰向けになった状態で治療をしますが、がんのある部位によっては電極を回転させて体側方向からも加温することができます。
どうやって加熱するの

加温原理

がんの病巣を中心に体表から一対の電極をセットし8MHzの高周波を与えるキャパシティブ方式により、身体内部に高周波電流が流れ、そのジュール熱により患部の温度を上昇させる仕組みです。

正常血管と腫瘍血管を加温したとき


熱が加わると血管が膨張して、放熱する仕組みになっています。

腫瘍の中を通る血管は熱をくわえられても膨張しないので高温になります。

3.治療後

治療後は水分を十分に補給しましょう。

高周波ハイパーサーミアのいいところ

加温による免疫の活性

高周波ハイパーサーミアを加えることで、病巣および周辺の細胞の温度が39度~41度近くに上昇し、体内の面免疫(NK細胞、インラーフェロンーγ[ガンマ]、マクロファジーなど)が活性し、がん細胞に対して攻撃性を発揮します。

QOL(生活の質)が向上

がんによる痛みの緩和、食欲増進、体力の回復、気分がよくなるなど、生活の質が向上します。

がん組織への薬剤の取り込みを良くする

薬剤治療と高周波ハイパーサーミアを併用すると、がん組織への薬剤の取り込み量が数倍に上昇することから、薬剤の効果を一段と高めます。また、薬剤の投与量を少なくでき、副作用が軽減されます。

射線治療の効果を増強

高周波ハイパーサーミアを併用させることによって、放射線効果をさらに高めます。また、放射線抵抗性のがんにも有効なことが実証されています。

副作用がほとんどない

従来のがん治療のような副作用がないので、症状がよくなるまで何度でも治療を受けることができます。
詳細のパンフレットが当院にございます。
詳しい話を聞きたい方はスタッフまでお尋ねください。