健康診断・各種検診

診療案内各種健康診査

  • 特定検診
  • 基本健診
    身長、体重、視力、聴力、検尿、レントゲン[¥5,000]
    身長、体重、視力、聴力、検尿、レントゲン、心電図、血液検査[¥8,000]
  • 色覚
  • 肺気量
  • 抗体検査 (麻疹、風疹、ムンプス、水痘、B型肝炎)
  • エコー
  • 心電図

企業で検査を受けたい方はお問い合わせください
お問合せ

TEL.096-214-8787

診察・検査・処置の様子
胃カメラの様子

診療案内胃カメラとは

屈曲自在のファイバースコープで食道から胃・十二指腸まで粘膜面に異常がないかを見る精密検査です。胃透視(バリウム検査)に比べ、以下3点の利点があります。
  • 微小な病気が見つかる
  • 放射線を浴びない
  • 鉗子孔を通して直接組織を取って検査できる

診療案内検査の流れ

検査前日

夕食は午後8時頃までに済ませて頂き、そのあとは絶食でお願いします。飲み物はお茶、水は構いません(飲酒はお控えください)
就寝前の薬を内服している方はいつも通りにお飲みください。

検査当日

朝食抜きでお越しください。(水・お茶は飲んで構いません)
血圧や心臓のお薬は起床後すぐにお飲みください。

検査前

内視鏡を苦しく、痛くなくするために喉の麻酔をします。入れ歯、メガネは検査の時に外します。
注意事項
次の方は検査の前にお申し出下さい。
  • 心疾患、緑内障、前立腺肥大症、アレルギー体質
  • 胃の手術を受けたことがある
  • 人口透析中
  • 血液の固まりにくいお薬を飲んでいる
  • 以前胃カメラを受け、嘔吐反射が強かった

検査終了後

安定剤の効果が消えるまで約1時間休んでいただきます。お休みの後、検査結果をご説明させていただきます。水、たばこ、食事は検査終了1~2時間後よりお願いします。(喉の麻酔のため誤飲の恐れがあります)
薬の影響で検査後数時間はふらつき、眠気が残る場合がありますので、お車の運転はお控えください(交通事故の危険があります)